snow peak

新潟県燕三条。

世界にその名を知られるものづくりのまちで、スノーピークは生まれた。

今や国内のみならず海外にもファンを増やしているスノーピークの歩みは、
半世紀以上前の1958年、創業者の山井幸雄が金物問屋を立ち上げた日からはじまる。

1963年にスノーピークの名称を商標登録し、1976年には自社工場を設立。

そのスノーピークがオートキャンプという新たな領域を切り拓くことになったのは、
1986年に幸雄の息子である現社長、山井太の入社がきっかけだった。

父、幸雄から受け継いだ「本当に欲しいものを自分でつくる」という信念で、
太は燕三条の職人技に裏打ちされたラグジュアリーでハイエンドなキャンプギアづくりを開始。

過剰なまでに頑丈なペグ「ソリッドステーク」や、地表にダメージを与えない焚火のための道具という新ジャンルを築いた「焚火台」など、今までなかった製品を次々生み出し、日本中に巻き起こったオートキャンプブームを牽引した。

スノーピークのキャンプは、人と人、人と自然をつなぐキャンプ。

頂を目指しながらも、つながりを広げていこうとする新たな進化がそこにあった。

「人生に、野遊びを。」 のスローガンのもと、活動の領域は今やキャンプ場にとどまらず、
都市や住宅、オフィスなどにも広がりつつある。

かつてスノーピークの道具を使いオートキャンプを楽しんだ幸せな記憶とともに育った子どもたちが、
今は親になって、自分の子どもたちと野遊びをしている。

自然が気づかせてくれる大きくゆるやかな時間を、日本中、世界中の人々と分かち合うために、
スノーピークはこれからも、どこまでも、進化し続けていく。

「自然志向のライフスタイル」を提案するスノーピークが、home⇔tent をコンセプトに、
キャンプシーンのみならず、タウンユースにも使用頂けるリラックスウェアを展開致します。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7