MOUNTAIN EQUIPMENT (マウンテン・イクイップメント) Salvage Parka [WHITE]

MOUNTAIN EQUIPMENT (マウンテン・イクイップメント) Salvage Parka [WHITE]

販売価格: 13,824円(税込)

size:
数量:

MOUNTAIN EQUIPMENT (マウンテン・イクイップメント) Salvage Parka [WHITE]のご紹介です。


 

吸湿・速乾性にすぐれた高機能スウェット素材でつくられたサルベージパーカ。

ベースは、アメリカ軍の40年代危険物処理部隊や座礁船引き上げの際に活躍していたパーカーです。

ガスマスクを着用しての危険な作業になる為、

1回の着用で破棄されるアイテムで、ヴィンテージ市場でも希少性の高いアイテムとなっています。

有毒ガスや煙の侵入を防ぐためのドローコード、独特なネック回りやフードデザインなど、特徴的なディーテールが込められた一枚。

着まわしやすいスウェット素材、オーバーサイズ気味のシルエットで、今の空気感に落としこまれた一枚です。





着用モデルは 165cm、52kg で Mサイズ を着用。




material : polyester 100%


size
: Mサイズ ( 着丈67cm /身幅63cm /肩幅55cm /袖丈61cm)
: Lサイズ (  着丈69cm /身幅65cm /肩幅56cm /袖丈64cm)











MOUNTAIN EQUIPMENT/マウンテン・イクイップメント

「 MOUNTAIN EQUIPMENT」 (ME) は1961年、マンチェスター郊外の町の農場近くの小屋で始まりました。

当時自身もクライマーであった ピーター・ハッチンソン と ピート・クルー は、
そこで 「The Mountaineer」 というクライミングショップを営む傍ら、店の奥の部屋でシュラフとダウンスーツを作り始めました。

ピーター も ピート もとても丁寧で繊細なタイプで、ボックスウォール構造をはじめとするバッフルの工夫や、
ダウンのロフトを最大限に引き出すアイディアを豊富に持っていました。

出来上がった製品はとても評判がよく、
いつしか彼らの製品は「MOUNTAIN EQUIPMENT」 (山道具) と呼ばれる様になっていきました。

やがて彼らは店をたたみ、マンチェスターハイドの近くの農場の小屋へ引越しをして、製品の製造のみに集中することにしました。

彼らの製品の評判は次第に英国内でも高まり、
1970年のアンナプルナを筆頭に、ヒマラヤ遠征隊への供給も行うようになりました。

ME のダウン製品の完成度は、世界に14座ある8000m峰の8座の初登頂 (未登峰ルートを含む) に
同社のダウン製品が採用されていたことでも知ることが出来ます。

特に印象深いのは、1975年のエベレスト南西壁初登頂後、
ダグ・スコット、ドゥーガル・ハストン の二人が、8763m地点という過酷な状況でのビバークから無事に生還したことです。

ME は常に極限に挑戦し続ける探検家や登山家と共に進歩し、
ダウン製品はもとより現在ではハードシェルからグローブ、ゲイターにいたるまで、質実剛健な「山道具」を提供し続けています。